HOME>イチオシ情報>一言で業者といってもそこならではの個性があります

それぞれの強みを生かして業者を選ぼう

ブース

ネット上のマーケティングが主流になった今でも、根強い集客の手段として重要視されているのが展示会です。その展示会にブースを出展する際には全て自前で行うという企業もありますが、展示会施工業者に依頼してより高い目的の集客目標を達成しようという企業もあります。一言で施工業者といっても様々な種類があり、看板のキャッチフレーズやブースの装飾等が得意な業者や、ブースづくりに特化していて圧倒的なスピード感でブースを組み立ててくれる等設営に関して強みを持つ業者まで様々な種類があります。自社が展示会施工業者に求めている部分は何なのかという事を明確にしたうえで、どういった種類の業者を選ぶか検討しましょう。

利用目的は企業によってそれぞれ

展示場

展示会施工業者は単に展示会ブースの作成を円滑に行うために依頼しますが、その中でも特に重視したい利用目的は各社違うようです。まずはブースのデザインや看板づくり等を専属クリエイターに行ってもらいたいという理由で依頼するケースです。専属クリエイターであれば、コンセプト作りから完成品が出来上がるまで最後まで関わってくれるからです。また、以前よりも大規模のブースづくりをしたいといった時に以前は社員だけで行っていたものを施工業者に依頼して助けてもらうという利用目的も比較的多い傾向にあります。

ブースづくり以外の活用法も

ブース

展示会施工業者には、単純なブースづくりを任せる以外にも様々な活用法があります。その活用法の1つにプロのデザインを目に焼き付けて次回のコンセプト作り等の参考にするという事です。数多くのブースづくりを手掛けているプロのデザインやコンセプトを参考にして、次回からは自社で原案を考える時に良いものを出せるように一度施工業者を依頼するという活用法をする企業もあります。また、ブース設営が得意な施工業者の動きを学び、展示会ブースづくりや社内での備品の配置換えの際の参考にするという活用方法もあるようです。

広告募集中