ビジネス目的の場合は許可が必要

再生マーク

『youtubeはjasracと契約をしているので、jasracが管理している曲ならば使っても大丈夫だ』と考えて、ビジネス用の動画に使ってしまうと、トラブルの原因になってしまいます。たしかに、youtubeにアップロードしてもよいケースもありますが、それは自身で演奏したり歌ったりするなどのカバーをしたときだけです。プロが演奏した曲をそのまま使えるような契約は、youtubeとjasracの間ではされていないので気をつけましょう。それならば、自分たちで演奏したものをBGMとして、動画に使うのなら問題ないと考えるかもしれません。しかし、自分たちで演奏したものであっても、ビジネス目的の動画に利用することは許可されていないのです。会社の製品やサービスを宣伝する動画の場合は、完全にビジネス目的なので私用すると著作権の侵害となってしまいます。ちなみに、日本で販売されている曲のすべてをjasracが管理しているわけではありません。そのため、社員が演奏したものをビジネス目的ではなくお遊びでアップロードしたとしても、それが管理外の曲だったのなら著作権侵害となってしまいます。もしも、そのような動画を載せたいのなら、jasracのデータベースでチェックしてからアップロードしましょう。

手続きをすれば使える

動画視聴

youtubeにアップロードをするビジネス目的の動画にjasracが管理する曲を使いたいのなら、適切な手続きをしなければいけません。jasracのホームページを訪れれば、インターネットCM配信に使う場合の手続き方法が詳しく載っているので参考にして申し込みましょう。分かりにくいかもしれませんが、流れも掲載されているため、一つひとつクリアしていけば会社の宣伝動画にお目当ての曲が使えるようになります。もしも、何をどうすればよいかまったく分からないのなら、jasracに問い合わせて教えてもらいましょう。jasracにとってはお客様となるので、親切丁寧にサポートをしてくれるはずです。もちろん、管理している曲でなければ手続きや問い合わせをしても意味がないので、最初にデータベースでチェックしておくことは必須です。ちなみに、新しく曲を作ってもらえば、jasracのことを気にせずに、youtubeへビジネス目的の動画をアップロードできます。作曲してもらうのはハードルが高いと感じるかもしれませんが、最近ではアマチュアでもよい曲を作ってくれるので気軽に頼んでみましょう。

広告募集中